コンテンツへスキップ

 第13回全国友の会生活時間しらべ 相模友の会の集計から

2019年9月7日

今回の相模友の会では提出者数87人、そのうち集計数は76人分を数えた。
種別に関しては、種別0(1番下の子どもが2016年4月2日以降生まれた乳幼児の母)、種別7の提出はなかった。
表縦軸に種別(特徴として一番下の子どもが幼児、小学生、、、)
横軸に時間 左から項目別にグレイ:睡眠、黒ドット食事身の回り
       赤;家事時間、黄色;子ども家族のための時間
       青;職業
       緑;社会的文化的時間(社会活動、交際、文化娯楽)
一番下は全体の平均
睡眠時間に関して種別3(子どもが中高生)が最少を示している。この時期は職業の時間、社会的な活動も盛んで体力的にも最も盛んといえるようだ。その後睡眠時間は増える。
子ども、家族の為の時間は、子どもが幼い間は多いが成長とともに減少し、変わって増えてくるのは社会文化的時間
今回のテーマとして「人の為の時間」(緑の中に含まれる)を取り上げた。
全体平均では19分。種別9が多いのが顕著

次のグラフはアンケートの中から

 

最後は各家庭の家庭用品器具、設備備品の有無をピックアプして回答を得た。
赤線囲みは左から衣、食、住、情報通信機器、移動手段に分けてみた。
器具調べは前回は2009年。10年の間に東日本大震災があり、また友の会員の高齢化も目立つ。
職業をもつ会員が一段と増えている事で、器具の内容、使用方法の変化もみられると思う。
今回の生活時間しらべは1週間とはいえ記録する事から自分自身の生活がありのままに表され、自分自身に芽生えた様々な想いを大切に育てていきたいと願っている

 

 

広告

2019 9月 相模子ども友の会の活動から

2019年9月7日

 

夏休みに入ってすぐの7月20日(土)に子ども友の会でお宝カレー作りをしました。
持って来た材料を計り、金額を書くことで一食分の分量や費用がわかり、生活力につながりました。 
今回は材料を切るまででしたが、スタッフの心配をよそにどの子どもたちも、手慣れた様子で包丁やピーラーを使い楽しそうに切っている姿を見て、家でお手伝いをよくしていると思いました。 
最近、生活力に欠ける子どもや若者が多いと感じます。
 田中周子さんは「人が育つ時の生活環境は、生き方の質を方向づけるために大いに影響し、生活力は生まれた時から、家庭の雰囲気の中でやる気と共に培われる。」とエッセーに書いています。
子どもがやってみたいと興味を持ったら、親は手間がかかって面倒と思っても是非やらせてみましょう。
できた、楽しかった、またやりたい、そして次第に上手になって、できる自信がその後の「生きる力」になります。
毎回 子ども友の会で 「よく生活する」 をいろいろな角度から実践したいと思っています。
そしてその経験が子どもから 親・家庭にと広がっていくことを願っています。

9月28日(土)の子ども友の会は 靴下洗い 平和について話を聞く など。 昼食はすいとんをいただきます。

2019 9月 例会「働きの秋に」

2019年9月7日

9月例会 9月3日(10;00〜)
讃美歌  ♪367、452
読 書 「舞台と楽屋」ー真理の輝きー

「家計簿っておもしろい!!つけてわかる安心生活」
 相模友の会今年の家事家計講習会の
テーマが決まりました

あなたの家計の「わからない」「変わらない(変われない)」「不安」なことは何ですか?
現金、クレジットカード以外に様々な支払方法が爆発的に増えてきています。
電子マネー、電子決済などといった「キャッシュレス」での決済です。
わからない、不安な、目に見えないお金を見えるようにわかるようにするのが家計簿です。アプリでの家計簿も増えていますが、手書きであれパソコンであれアプリであれ、家計簿をつけ続けていけるかどうかは本人の中の「家計の流れをつかみたい」という強い意志にかかってきます。
 そこを伝えられる「家事家計講習会」です。
多くの人がが家計簿をつけたい!と決意できるメッセージの講習会にしたいと思います。
相模友の会会報324号より一部

 

「第13回 全国友の会生活時間しらべ」 相模友の会の集計–速報−

2019年7月4日

6月のはじめ、1週間実施された5年に1度の「全国友の会生活時間しらべ」。
相模友の会でも多くの会員が参加しました。
7月2日(火曜日)の7月例会で、相模友の会の集計のまとめ第1回目の報告がありました。

生活時間しらべの感想から 

★毎日「無駄な時間なんてない。このしらべの時間が余計な時間」と思っていたが結果を眺めてみて、朝の食事の準備に1時間近くとられるのは、やはり異常だと感じた。(種別1)
★(情報端末は)いろいろな調べものに便利だが、余計なことへ広がってしまう。(種別4)
★時間しらべ入力にかかる時間が多い。(種別5)
★細かく記録すると自分の行動が見えてくる。あっちこっち手を付ける「家事の車線変更」が多いな、と感じた。(種別5)
★夫が家事を、かなり担ってくれているので、ゆったりとした日常を過ごしている。夫に感謝!!(種別8)
★人のための時間について)出来ることはしたいと思うが、先ずは人に迷惑をかけないことを心がけて暮らしたい(種別8)
★若いときと違い、1つ1つの行動に時間がかかり、慎重になる。自分で出来る内は、身体を動かす。
★元気でいるといくらでも仕事がある(種別9)

特にアンケートによる今回のテーマ(人のための時間)について、
幼い子ども3人をもつTさんから次のようなコメントがよせられました

時間しらべが始まる前に子どもが体調を崩し、日常生活が思うように過ごせないなか、友人が、おかずを届けてくれたり、食欲がないこどものために果物やお花を届けてくれたり、わたしの相談にのってくれたりしました。
 そのあたたかい気持ちに私は体も心も本当に助けられました。
そして、人のための時間に心を向ける大切さを教えてもらいました。
今は家事と3人の子育て(時間調べでいうと赤の部分)が1日の大半を占めて人のためには時間を使う事はできませんが
些細な事でも何か私にもできることはないかと考えることことから毎日を過ごすようになりました

7月 お知らせ「さがみ子ども友の会」

2019年7月3日

もうすぐ夏休みですね! お休みの計画もいろいろ立てている事でしょう。楽しみですね
相模こども友の会では夏休みの1日を友の家で過ごす計画を考えています
5月に植えたゴーヤの苗のつるはどのくらいのびたかな?
 7月20日の子ども会では野菜をもちよってカレーを作って食べましょう
おともだちをたくさんさそって遊びにきてね!!

「お母さんへ」
子ども達がカレーを作ったり、こづかい帳の話し合いをしている間、別室で
「小中高生の母親の集まり」を開きます
是非参加して下さい

☆申込は相模友の家(042ー742−0071)rgnbx803@iaa.itkeeper.ne.jp

案内はこちら9720

 

2019  6月例会 「全国友の会大会に出席して」

2019年6月6日

今年全国友の会大会は、5月14日自由学園、同15日練馬文化センターで開催され相模友の会から10人が主席しました。
出席したなかから次のような感想がありました

現在、物も情報も溢れ、職業を持つ女性はますます増えており、最も「時短」が求められる時代です。
そんな今、私たちは何をすれば良いでしょう。まず、「何が必要なのかよく考えること.
そして、私たちも、友の会として何を発信すべきなのか考えながら、一歩ずつ歩んで行くことです。
昔、林きみさんが「忙しい、忙しい」という貧困の農村の生活を見直す手段として始めたのは、今私たちが取り組んでいる「時間しらべ」と「食事記録」だったそうです。
いつの時代も生活の見直しは、基本的な調べものの、生活実態の把握から始まるのだと思いました。
食事記録、買い物調べはいかがでしたか?
時間しらべも始まっています。自らの生活を足下から見つめ直す絶好の機会です。皆で声を掛け合いながら、取り組んでいきましょう。出てきた課題を「自身のこととして」とらえ一緒に考えて行きましょう。

6月例会 テーマ 「全国大会を終えて」
6月4日(火)10:00〜
讃美歌;♪301、368
読 書;唯今主義ー思想しつつ生活しつつー
プログラム •全国大会報告
      •大会の家計報告から
      •家計3カ月のまとめ(実例)
      •生活時間しらべ予行演習
      •「子ども」の活動報告

 

講習会のお知らせ;『しあわせを盛る一皿を』ー暮らしのステップアップ講座 part1
案内はこちら→201976

 

 

相模友の会 生活勉強グループの紹介2

2019年5月9日

相模友の会では、会員みながそれぞれテーマを持って独自に生活勉強をするグループに所属し、
活発で特色ある勉強が続けられています。
現在7つのグループがあり、毎月平均1〜2回の集まりは会の内外を問わず多くの人に呼びかけて集まりを持っています。

1、衣の勉強グループ 今年のテーマ 『環境を考えた衣生活』  活動日 第1金曜日10時~14時
洗濯は家庭生活では欠かせないもの。「洗剤と洗い方でどのような違いがあるか」
•手仕事作品の会 7月19日(金) 10時~14時
                 鍋つかみ ・アームカバー・・各々2種類 
小さな作品ですを丁寧に作る工夫を教わり自分だけでなく、人にも伝え 喜びを2倍にしたいと思います。

2、食の勉強グループ《 幸せを盛る 「一皿」を! 》
健康を考えた心のこもった幸せな食事のため、何をどれだけ、どのように調理して食卓にのせたらよいでしょう。
目安の量や献立の基本を学び、季節の食材を生かして調理実習をしています。
作るよろこび、食べる楽しみをご一緒に味わいませんか?
 •7月5日(金)今までとひと味違う講習会を準備!
       楽しくて美味しい講習会にぜひご参加ください。

活動日次回は5月24日(金)次々回6月7日(金)

3、家計勉強グループ  活動日 第3月曜日 10時から14時
家計簿記帳の質問、疑問
キャッシュレス帳を楽しくつけるための工夫
家事家計講習会の資料について など
毎月の例会後 “家計簿何でも相談コーナー”が開かれます
家計簿記帳の疑問・質問がある方、家計勉強グループへ
家計は必須科目、ふるって参加しましょう!

4、住の勉強グループ
大切な家族が心地よく快適にすごせる空間と時間の作り方・空間の使い方を楽しく学んでいます。
*2019年度のテーマ:「家事の急所は時間の使い方」
*活動日 :毎月例会の週の木曜日(8・10・11・3月を除く)
*読書  :家事家計篇、思想しつつ生活しつつ(上)

5、花みずきの会(シニアの集まり)
毎月第三3金曜日に集まりを持っています
著作集の読書を中心に、家計のまとめ等を見合い、手作りの小物の製作や公共の仕事の手助けをしたり
皆で調理室を使い共働炊事もします。
和気あいあいととても皆さん元気になる時間です。
時には高年ならではの情報を共有したりします。会の最後に「椅子ヨガ」をして体をほぐします。
楽しい会ですので是非ご参加ください!!