Skip to content

2018 2月例会「友の会を考える」

2018年2月8日

1月例会で、各最寄から推薦された6名の次期総リーダー候補の方のお話をお聞きし、例会後の次期総リーダー選出の会とその後の話し合いを経て、
2018年度の総リーダーはつる園最寄の萩原光江さんが受けてくださいました。感謝します。
 2月例会では、『めでたし、恵まるるものよ』(みどりごの心)を読書しました。
「物にも時にも人手にも無駄がなく、簡素にしてきびきびと調子の整った日常生活、信仰による清高なる志、ただこの二つはすべてのよいことの基礎です。」とあります。友の家の玄関に掲げられて、友の家に来るたびに、あこがれを持って目にしています。
最寄報告のなかに「友の会が好き、楽しい、連なっていきたい」という感想がありました。最寄りリーダーの率直な気持ちが伝わってきます。
その思いは皆同じではないでしょうか。
相模友の会全体が活動しやすいように、組織を考えていきましょう。活動日、係の仕事の範囲、分担。一人一役。そして、小さなことでも、これだけでもできると捧げていきましょう。   会報307号より

2月例会 2月6日(火)10;00〜
賛美歌 ♪494、294
読 書 めでたし 恵まるるものよ—みどりごのこころ—
プログラム •次期総リーダー紹介
•次年度組織について‥‥フリートーキング
•生活勉強 ①家計報告、家計調査、記帳調べ、各報告集計について
②家計簿1月をしめましょう
③報告書提出しての感想
•子どもの係 託児について
2月子どもの会のお知らせ 226

 2017年家計報告速報
2月1日 現在で、提出数106枚(昨年比±1)、提出率68%(昨年 比+3ポイント)となっています。 5年前から振り返って みると、2013年12月末会員数154人中 提出率61%、 集計率56%だったのが、(母数は各年で増減はあるも のの)提出率・集計率ともに年々増加してきています。 収入の伸び悩み・見えない金銭のやりとり、不安定な物 価などで、家計簿をつけたい、と友の会に入会される 方が多くなったことと、それに伴いそれまで家計簿をつ けていなかった会員の意識も少しずつ変わってきている のではないかと思います。
 感想のなかに「家計簿が我が家のことだけでなく社会をよくしていくためのものだ、と気づかされた」
3ヶ月分のまとめで家計報告を出し、その後しっかり我が家の家計と向き合おうと奮闘している人もいます。 (家計の係より)

 

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。