Skip to content

2017年 6月例会全国友の会大会を終えて 

2017年6月10日

大会第一日目の朝7時、涼やかな風薫る雑司ヶ谷霊園へ、各地から代表12名が羽仁両先生の墓参にまいりました。
相模友の会は昨年度、会員が増えたことから墓参が許されました。ここに送り出してくださった相模友の会に感謝いたします。大きな石碑の中央に『思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ』の言葉が刻まれています。友の会の原点なのだと思いました。
讃美歌122番(みどりもふかき・・)を賛美し、詩編23編(主は我が牧者なり・・)を読みました。そして、一人ずつ白いカーネーションを献花し、抱負を述べました。ご逝去から60年のこの年に、著作集をよく読み、羽仁先生を知っていきたい、前を向いて導かれて歩んでいきたいと思いを新たにいたしました。

 

6月例会プログラム
6月6日(火)
賛美歌  22、369
読書    「詩と田」ー自由•協力•愛

•  全国友の会大会出席の報告
全国友の会家計報告から
•  乳幼児の母の集まり/外木先生講演会について
子ども友の会
小中高生の母の集まり
各種集まりのお知らせ

子どもともの会のお知らせ→26

 

6月 家計の勉強「キャッシュレス」カードで買い物をした時の家計簿記帳はこうするパート1

 

 

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。