Skip to content

2017年 5月例会「全国友の会大会を前に」 

2017年5月10日

全国友の会大会が5月16日自由学園、17日練馬文化センターにて開かれます。
今年度の主題は「小より大へ 一人ひとりの力を合わせ 愛あふれる社会に」

今年は羽仁もと子先生のご逝去から60年が経ち、大会には、著作集『半生を語る』の中から「回顧と展望(一)・(二)」を読みましょう。また一年を通して『半生を語る』を通読しましょう。と呼びかけがありました。出席する人、送り出す人、ともに読書して、心を合わせて大会を迎えたいと思います。
5月例会で、「回顧と展望(一)」を読みます。1903年4月3日に家庭之友が発行されたこと。その前日に説さんを出産されたこと。ご自身の新家庭の必要が、多くの家庭の、世の中の必要と一致し、活用されてきたこと。新鮮な驚きを感じます。「この世の中に多くの不幸がある、その中で自分たちだけ幸福に暮らしたと、どうしてもそんなことを考え得ない人間です。」「どうかして神のみ心に叶うように本気でこの世をつくりあげて行かなくてはなりません。」とあります。心にある希いで、家計簿が考えられ、子どもの洋服を提案され、自由学園がつくられてゆきました。羽仁先生の更なる側面を、一足一足導かれて歩まれていくその歩みを知りたい、その思いを尋ねて通読していきたいと思いました。(読書感想から一部)
5月9日(火曜日)10;00〜
賛美歌 90、452番
読 書 回顧と展望(一)−半生を語る−
(プログラム)
•全国友の会大会に向けて

   出席者紹介
   「わたしが友の会に入会した頃のこと」 奥山さんの談話から
•相模友の会2017年度予算案討議ー承認
•南関東部生活勉強会(4月19日)の報告
•係からの提案 家計–「家計簿の預貯金欄」
        「税金・社会保険を含め、一斉の収支を明らかにして生活すること。
                   そのためには、預貯金欄の記帳が不可欠」
        子どもの生活
相模の子どもの人数、子ども友の会、乳幼児G、四回食

          今月の乳幼児Gは、子どもが一人で着替えられるように一閑張で「お支度箱」を
          作ります。子ども友の会では自分で自分のことができるように、おにぎり、
          味噌玉作り、靴下洗いなどを計画しています。小さい人たちの生活広場として
          「子ども自ら生きる力」を養う手助けができるよう願っています
       •その他

 

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。