Skip to content

2016、9月例会 「新たな気持ちでー働きの秋に」

2016年9月7日

東日本大震災の復興も未だはかどらぬまま、4月の熊本地震そして今年の天候不順の夏と、自然と人間の共存の難しさをとても感じた一学期でした。
未だ苦しむ人々に希望と平安が与えられますようにと祈ります。
「人生における休息はあたかも砂漠の中のオアシスのようなものです。」と著作集に書かれています。戸惑いながらも、一生懸命働いた後のわずかな期間でしたが、家族と共に過ごす休息を頂いたことは、歩みを止め、新たな気持で二学期を迎える活力を得ることが出来ました。(中略)
 家事家計講習会は創立以来、いつの時代にも
「家計は公のもの。家計簿をつける人を増やすことによって、健全な家庭からよい社会をつくりたい。」という願いのもと、行われてきました。
今年、相模友の会での家事家計講習会は、4会場で開催予定です。
会員一人ひとりが実例者になる気持ちで自分の家計簿を持ち、準備と話し合いを進めて行ってほしいと願っています。
 「力は出るもの出せるもの」、社会に向けて良い風をたくさん送り、実り多き秋になるよう一人ひとりの協力を希って・・・・・
            相模友の会会報291号 総リーダーより 

9月例会プログラム
賛美歌 22、285番
読 書 健全分子(友への手紙)

 •全国生活研究会の報告
 •家事家計講習会について
 •冊子「健康をつくる食事Ⅱー家庭から社会へ」発行によせて
 •夏の子ども活動報告

「今こそスタート 家計簿で  暮らしのサイズを見直そう」
2学期が始まり、家事家計講習へ向けてスタートしました。今年は各ブロックでの開催。
スローガンは「今こそスタート 家計簿で  暮らしのサイズを見直そう」 
今年度は「暮らしのサイズ見直しアンケート」に始まり、食事記録、買い物調べ、U6講習会と我が家の暮らしを見直しています。
 家計も見直しです。予算と8か月のまとめを持ち寄り、各ブロックで聞きあいましょう
1学期の勉強、夏休みの宿題それらが生活にどう生かされ、生活が整えられ、家計簿にどのように反映されているでしょうか。

211

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。