Skip to content

生活勉強会(2月23日火)前回の続き

2016年2月26日

中央林間最寄勉強からから(原稿を載せました)
昨年1年間続けた主食費調べから見えてきた事いろいろ。数字には、人の生活や考え方が現れているようです。
食べることを大切にしていること、家族もみんな健康であることや記録することで出て来る課題を見逃さないなど、、、緊張した1年間でした。
113

 

中央林間最寄6人中70才代4人の主食費調べ。2015年1カ月平均の金額
Nさん;米、パン、麺、外食といったシンプルな内容
調理パンの購入が多いのが今後の課題か?
Fさん;米とパンが大体同じ金額という結果は予想外。パンの方が多いと思っていました。
粉は頂き物が多く保存に気を遣う。具とセットになった冷凍麺が便利でよく利用するので見直そうと思う。
主食費調べは細かい内容がよくわかり勉強になった。予算と実際ではあまり違いがありません
Tさん;家族の食事は不規則で米の消費量が少なめです。年間契約の米が消化できなくなると定期的に福祉団体に
送っている。この費用は公共費ではなく、食費と考えている

114

Yさん;家計簿をつけて40年以上。私は婦人之友の家計簿をつけ通す同盟に入っているので、細かく分類してつけなければなりません。家にいるかぎり1日に1回は、家計簿を開きます。買い物は、一週間に2回ぐらい。後は一週間に一回の配達があります。スーパーで買い物をするときは、財布の中がよく見えないので、時間がかかり、後ろに人が並ばれると、いやなので、カードを使うのが多くなりました。カードも使い方によっては、記帳がきちんとできれば、便利なものです。
主食費ですが、米は一か月に5kg購入しています。朝はパンできまっていますが、夜はご飯です 昼はチャーハンやおかゆ、麺類だったり、いろいろです。外食費が多くなってますが、2人で外出したとき食べてきたりします。旅行中の食事は、娯楽費に入れず主食費の外食費に入れています。
 これはは昨年2016年の純生活費です。わが家の特徴は娯楽費と保健衛生費のバランスだと思いました
娯楽費が多いのは、主人がカメラが趣味で特に風景写真を写してますので、シーズンになりますと出かけることが多くなります。高齢なので、一人で行かせるわけにはいかず私もついていきます。今は、2人揃って健康なおかげだと思っていますし、その分医者にかかるのが、すくなくなるので、それはいいことだと思います。去年の保険衛生費には私の補聴器代が入ってますので、高くなりましたが、その他の医療費は少なくて済みました。
食事の事で思うのは、これからは身体がきかなくなると、外食にたよるようになるかもしれません。でもなるべく、少しでも自分でも作るように努力したいとおもいます。食べることは一番大切な事、いろいろな食品を取ることは、外食では補えないことです。

 

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。