Skip to content

2015 3月例会「1年を歩んで」

2015年3月4日

3月3日(火曜日)10:00〜
賛美歌 ♪10、285
読 書 「団体について考える」ー教育三十ねんーより
(プログラム)
一年を歩んで(総リーダー)
食(主食)の目安の勉強
2月の買い物しらべから(感想文)
一年間の乳幼児グループ、こども友の会、小中高校生を持つ母の集まりの活動報告
外部から依頼された講習会
勉強グループの活動から(生活工芸)

多くの支えと学びの中で感じたことー家計リーダー  (会報275号より抜粋)
  この1年、家計係として「つけよう家計簿、つかもうわがやの暮らし、つなげよう家計簿の輪」をテーマに、例会や様々な機会をとらえて家計簿記帳を呼びかけてきました。その中で改めて強く感じたのは、「家計簿は、お金を節約するためでなく、わが家に何が必要か見極め、より良く生活するためのもの」だと言う事です。家計簿勉強会に参加した付け始めの人からの感想に「必要だから買う、という考え方になり生活がすこしずつ代わってきた」等とありました。
 厳しい社会情勢の中、家計簿を軸にこつこつと丁寧に生活する事は、わが家に生活の変化をもたらすだけでなく、更に社会をよくする原動力になっていくのではないでしょうか。家計簿を広める役割は大きいと感じました。(略)

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。