Skip to content

2013 家事家計講習会Ⅲー予算をたてましょうー

2013年11月16日

私たちの暮らしには予定があります。
明日の予定、来年の予定、3年先、10年先の計画を考えるとき、必ず経済を一緒に考えます。
それが予算です。家計簿には予算が必要です。
1年の家計簿をつけるためには、まずわが家の1年間の全収入をつかむことから始めます。
•給与所得の場合は、給与明細の総支給額が収入です。
「手取りの金額」を収入と思いがちですが、収入とは、税金、社会保険などを差し引く前の金額をいいます。
•収入には、給与、諸手当、子ども手当、賞与、利子、配当などが含まれます。
そして、年収とは、1年分の収入を合計したものをいいます。
•収入から所得税、住民税等の税金健康保険等の社会保険を引いた金額が可処分所得となります
可処分所得から貯金や貯蓄性のある保険等を引きます。
急な生活の変化や、病気や事故等蓄えがないと不安です。
また、すこしづつでも将来のために生活準備金として先に予算をとりましょう。
•最後に残ったお金が純生活費です。1年間の予定を考えながら、大切にしたい費目、すこし引き締めたい費目などその年その年に合わせて予算を考えましょう

syunyusisyutu1

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。