Skip to content

暮らし上手になるためにー生活基礎講座ーⅡ

2012年7月7日

第2回(6月15日)プログラム①毎日の元気は食事から
食べる事で、生命を維持し成長発育を促し、健康な生活を過ごしたいと誰もが思っています
そのために、私たちは毎日の食事の基本を知って、通常の食品によるバランスのとれた食事を心がけましょう

プログラム②子どもの生活ーはやね はやおき 四回食
子どもの生活を支えるのはお母さんです
「おきる」「朝食」「昼食」「昼寝」「おやつ」「夕食」「寝る」
この6つをおさえればいいのです。間はなにをしてもいいのです。

感想からー •野菜を沢山摂る、という事だけを考えて食事作りをしていましたが、
他の食品とのバランスのとりかたもよくわかりました。(K.Kさん)
•母と子どものメニューを見て、私は食べ過ぎ、子どもは朝食が足りていないと感じました。
キャベツを1個使い切るのは、私は苦心していたので実演は嬉しかったです。
手ばかりやキャベツの千切りのやり方も知らなかったです(T.Yさん)

第3回(6月29日)プログラム①これでスッキリ家計簿記帳
プログラム②洗濯上手になりましょう
これから夏になると洗濯物が増えます。ちょっとの汗だけなら水で落ちます。
また、湯上がりに使ったバスタオルなら、陽に当てるだけで充分。着たら洗う、
使ったら洗うのではなく、汚れたら洗うということを考えましょう
衣類を大切に扱い、水も洗剤も必要以上に使わずにすみます。

感想からー3回シリーズの最終回しか参加できませんでしたが、とても勉強になりました。
特に洗濯、アイロン掛けがよかったです。いつも洗濯機に放り込んでスイッチポン。
今までずいぶん衣服の寿命を縮めていたんだなあと反省。適量の数の衣服と丁寧に扱って着るを
目指しもっと勉強していきたい

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。