Skip to content

相模友の会からのお知らせ

2012年2月19日

相模友の会のお知らせをお届けします
今年度のテーマは、

相模友の会創立40周年
今こそ著作集を生きよう 最寄りから社会へ

このホームページをご覧になられた方は ぜひ近くの「友の会」をお尋ね下さい
友の会は、たくさんの人の参加を待っています

1年をふり返る(会報242号より/総リーダー)

 

思いを新たに心と時間の準備をしていた1年前の今頃、東日本大震災が起きました。様々な予定が取りやめになり不安な中、相模友の会は被災した方々に何が出来るのかを考えながら情報に目を凝らしました。

そしてこのような時こそ心を落ち着かせ、著作集と友の会の歩みを再確認する日々としました。

最寄り勉強勉強を通して社会への発信を願いました。被災地への支援に協力した1年でもありました。 会員の迅速な対応には日頃の実力が活かされた事を思います。

省エネ節電の1年でしたが、9月には慎ましくも心のこもったお祝いの膳で相模友の会40周年を祝えた事は幸いでした。

3月例会の読書「団体について考える」に世の中を愛し良い働きをしようと思うなら、大きい団体をを作りましょう」とあります。絶えず進歩するために考えていきたいテーマです。「人一人おるはよからず」の神の言葉をいつも体感できた年でした。1年間のお支えとご協力に感謝します

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。